読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんかぬるぬるする

自転車のことなど。あとは音楽とか漫画とか。twitterにもいます

映画感想:マッドマックスフューリーロード(今更)

Witness me!!

イモォォォォォタァァァァァァン!!!!

 

はい、マッドマックスをお家で見ました。

上映中は立川の爆音で見たんですけど

あの衝撃が忘れられないですね。

 

お家で見る時も最低限のでいいからシアターバーを導入するが吉。

理想はサラウンドですけど一般家庭じゃあれ備え付けるとご近所迷惑かな。

 

さてお家で見た「MAD MAX fury road」であります。

結論:最後までDVDで観てた。

 おかしいなって思ってたんですよ。なんか粗いし。

特典映像も少ないしなんだこれって思ってたんですけど

 DVDでした。

 また今度ブルーレイで観なおします。

 

近年稀に見るレベルの傑作だと思ってるんですけど

皆ほど「V8!!V8!!」って言いながら何回も観たわけじゃないんですよ。

 

ブルーレイも発売日に速攻で買って今の今まで放置してましたからね。

気分的なところもあって全然てが伸びてなかったんですよ。

 

つい最近、観直して「やっぱすげぇな」ってなったわけです。

 

どうすごいかってのは

映画を詳しく評論してる人の記事でも探してみてください。

 

とりあえず僕の中では

「極力排除された暴力シーン(血が出るとか)」

「確立されたユートピア内包したディストピア

「信仰とは」

「生きるとは」

という部分をベシベシ投げつけてくる作品だったんじゃないかと思ってます。

 

とりあえずシャーリーズセロンが坊主でもあんなに綺麗なのに

特典のインタビューの時髪の毛長いから余計美人で

「そりゃ大隊長様ですわ!!」

って感じですね。

 

最初の一文に書きましたけど「witness me」

これ「俺を見ろ!」って訳されてますけど素晴らしいですよね。

witnessは目撃者、とか証人とかの意味になるので

「俺が生きて、そして死んだことを見ろ、そして後世への証人となれ」

という作品の中での宗教観(イモータン信仰ですけど)をもっともストレートに表現しててそれを損なわないような邦訳になってると思いました。

 

あとV8!ってみんな叫ぶんですけどあれマッドマックスシリーズのお約束の

「V8エンジンこそ至高」

っていうメリケン思想を完全に表してて最高ですよね。

荒廃した世界において何よりも重要なのはタフで力強いエンジン。

そう、V8 

ちなみにエンジンとしては直6とかV12の方が優れてると思います。

ただメンテナンス性、汎用性を考えるとV8になるのかな。

あとV8って無駄にでかいからデカくて強い機械ってだけでかっこいい

ってなるのもわからんでもない。

 

あとはどうでもいいシーンでもあるんだけど

redemption

って言葉をフュリオサ(シャーリーズ・セロン)が言うんですね。

邦訳では「過去を清算するために」ってなってます。

 

単語としての意味自体は「償い、救い、買戻し、

補償」とかの意味なんですけど

フュリオサ的には

「今までの過去を償い、新たな先を進む」

ってな決意がある台詞だったんだと思います。

 

その台詞が出てからしばらくシーンが進みまして

なんやかんやあってマックス(トム・ハーディ)がフュリオサたちに

「来た道戻るぞい」って提案するときに同じ単語を使ってるんですね。

同じredemptionを使ってるわけなんですけど

邦訳では違う訳され方してた。

 

フュリオサは過去から逃げ新しい道を探すためのredemption

対して

マックスは逃走劇すら回収しスタート自体を創造するredemption

 

少し含まれる意味は違っちゃうかもしれないけど

同じ「過去の清算」よかったんじゃないかなーって思ったりしました。

 

全体の流れは至高の名作とまで言われるマッドマックス2ファンの人からしたら

退屈に感じる部分が多かったかもしれません。

あとマッドマックス2ほどストレートじゃないところとかあったり

マックスが基本的にモブみたいなことになってるところとか

嫌がる人いたんだと思います。

 

でも僕個人としては今まで観たものの中で5本の指に入る衝撃でした。

おしまい

 

今度はミニオンズかきます