読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんかぬるぬるする

自転車のことなど。あとは音楽とか漫画とか。twitterにもいます

わくわく動物ランド:Far cry primal

雑感 ゲーム

今日はゲームのお話です。

最近あんまりゲームを必死こいてやらなくなったんですけど

なんだかんだでぼちぼちやってはいるのです。

 

昔は狂ったようにゲームやってたんですけどね・・・。

これが「老い」なのか・・・・

 

最近だとずっとダークソウル3やってました。

その前はトロピコ5とかドラゴンクエストビルダーズとか

 

ダークソウル3は別としてトロピコとビルダーズは

自分の裁量でずっと遊べるってことで

楽しんでやってたんですけど

なんだかんだでまとまった時間が取れないと厳しいもんがありますよね。

 

まぁダークソウルが来てたのでそればっかやって

あんまりしなくなったってのもあるんですけど・・・・

それはそうと先日、また新しい仲間を増やしたのです。

それが

ファークライ プライマル

ファークライ プライマル

 

 これですね。

実はFar cry自体は大してやったことないんですけども・・・。

 

なぜいきなりこんなもんを買ったかというと

今作から追加されたという

「ビーストマスタースキル」

ここに惹かれたわけです。

 

・・・魔物使いですね。(というか猛獣使い)

ドラクエ5の主人公の職業ですね。

エスタークに挑むときのパーティが

・男の子

ヘルバトラー

・ピエール

グレイトドラゴン

だった僕。魔物使いの主人公は馬車待機してました。

 

・・・とりあえず作中に出てくる一定の動物を

手なずけて狩りにいける。この部分だけでもう

「買うしかねぇ!!」

ってなりましたね。

 

ちなみにこのFar cryシリーズは基本的に海外では主流のいわゆる

オープンワールド

っていうゲーム形式で一応ストーリーというかミッションは

定めてあるけど基本的にはプレイヤーがやりたいようにやれるよーってとこが

売りです。あとはUBIソフトっていうフランスの超大手ゲーム会社が出してます。

アサシンクリードとかの会社ですね。アサシンクリードも舞台になってる国に行ったような感覚になれる旅行ゲーとして僕の中で高く評価されています。

Farcry、前作まではちょっとだけ近代よりな感じで

銃とかいっぱい出てきてたんですけど

今作は何を思ったのかいきなり古代、原始が舞台なんですよね。

飛び道具は基本、弓。棍棒を投げたり槍を投げたりできるよ!

マンモスを狩ったりするバリバリの原始人ゲーム。

PS4版買ったんですがやっぱりオープンワールドをしっかり作りこみたいなら

マシン性能ってかなり重要だな、という月並みな感想しかないです。

ライオンとかオオカミを手なずけて鹿を狩るのに忙しくて全然進めてないんです。。

正直な話オープンワールドのゲームってその自由性を高く求められすぎて

中身(シナリオ的な面)はだいたいスッカスカ(ってわけでもないのもありますけど・・)だったりしますしね。

このゲームは心を原始に戻して動物とともに狩りを楽しむゲームだと思ってます。

 

ダメな点ってわけじゃないんですけど個人的に一人称視点が好きじゃないので

一人称オンリーのゲームはちょっとつらいです。

(人間の視野はそんな狭くないだろ!もうちょっと見えるやろ!!

 みたいなことをずっと言ってます。)

あと、ミッション中にセーブできないので途中でやめよーって思っても中途半端にやめれない時とかもあってやっぱり時間が結構いるかな?ってところですね。

 

動物を手なずけて遊べるのは高く評価できると思います。

フクロウを使って上空から周りを確認したりできて

「これが・・・ビーストマスター・・・!!」

みたいな気分になれます。

 

個人的なことなんですけどオープンワールドみたいに自由度が高すぎるゲームは

やれることが多くなりすぎて何したらいいかわからなくなってそのまま放置、ってパターンがそれなりにおあるので一つ一つ地道にこなして楽しんでいこうと思っております。

 

あ!一人称視点なのもあってか血が出る描写っていうかバイオレンス描画がやたら立体感あるのでバイオレンスゲームが苦手な人は向いてないかもしれないです。向いてないかもしれないっていうかたぶんダメです。

血もめっちゃ出ます。

ワクワク動物ふれあいゲーじゃないです、根本的な部分は

「血と暴力と民族戦争」です。

あと動物(クマとかトラとかライオン)もいたるところにいてめっちゃ襲ってきます。茂みに隠れてたら後ろからクマに襲われるとか結構ありますね。

技術の進歩もあってやたらきれいなグラフィックの動物たちにバリバリ襲われるので

とりあえずホラー、バイオレンス苦手な人は無理の可能性大。

CEROもZですしね。一人称視点で槍を敵の頭に向かってガシガシ突いて

「ヘッドショット!!」とか暴力性高くてすごい。

 

ゲームの行く先ってのも結構気になる部分ではありますがCEROの部分を除いた

ゲーム性としては個人的に素晴らしい作品だと思います。

100点満点だったら85点くらいあると思います。

まだやりこんでないですしもしかしたら致命的なバグとかあるかもしれないので

こんくらいの点数で。

UIとか操作性とかは満点に近いと思いますけど個人的に

「これは日本に向けては致命的なミスじゃないか・・」

っていう点は

決定ボタンがPSでいう×ボタンで変更が効かない部分。

幸いなことに僕はSFCの頃のパワプロ、謎のBボタン決定とXBOXやりまくってたことによる×ボタンの位置にあるAボタンが決定、というのに触れてたのでまだなんとか矯正といいますか違和感を排除することに成功してます。

PSだけで慣れ親しんできてるとゲームの操作性うんぬんよりもそういった細かい部分でやたら神経使わされて疲れる可能性ありますね。

日本へのローカライズはボタン配置についても考えないといけない時期なのかもしれないですね。